選挙公報3200部、山中に投棄 札幌市選管が調査

毎日新聞 / 2019年7月20日 9時1分

札幌市選挙管理委員会は19日、参院選の選挙公報約3200部が北海道三笠市内の山中に投棄されていたと発表した。札幌市選管は公報が故意に捨てられた可能性が高いとみて、道警に相談しながら調査を進める。18日午前7時50分ごろ、三笠市内の道路から数メートル入った山中に大量の選挙公報が捨てられているのを近くの男性が発見し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング