お化け屋敷、火災から復活 生き人形や衣装修復 全国から700着支援も

毎日新聞 / 2019年7月20日 10時14分

今年2月に工房が火災に巻き込まれ、多くの人形や衣装を失った栃木県佐野市田沼町の丸山工芸社が手掛けるお化け屋敷が21日、例年通りに同市の道の駅「どまんなかたぬま」で始まる。被災を免れた古い人形を修理するなど準備を進めてきた柳誠社長(74)は「着物の寄付など多くの善意に支えられた。恩返ししたい」と話している。火災では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング