認知症の父どこへ 帰り待ち続け11年、欠かさず陰膳を用意 青森・三戸

毎日新聞 / 2019年8月24日 10時2分

昨年に全国の警察に届け出があった認知症の行方不明者は、警察庁が統計を取り始めた2012年以降最多の1万6927人に上り、年々増加している。青森県三戸町ですし店を営んでいた桑添正夫さん(当時77歳)も11年前に認知症で行方が分からなくなった。父の跡を継いだ次男、正之さん(55)と妻京子さん(86)は毎日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング