柏崎刈羽原発1~5号機の1基以上の廃炉検討 東電が柏崎市に伝達

毎日新聞 / 2019年8月26日 9時57分

東京電力ホールディングス(HD)は26日、運転停止中の柏崎刈羽原発について、6、7号機の再稼働を前提に、1~5号機の1基以上の廃炉を検討する方針を地元の新潟県柏崎市に伝えた。東電が同原発の廃炉を検討する方針を示すのは初めて。柏崎市が再稼働の条件として1~5号機の廃炉計画の策定を求めており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング