写真

福島県の内堀雅雄知事(左)と会談する小泉進次郎環境相=福島県庁で2019年9月12日午後4時10分、和田大典撮影

小泉進次郎環境相は12日、福島県庁を訪問し、内堀雅雄知事と面会した。小泉氏は、東京電力福島第1原発事故に伴う汚染処理水を巡り原田義昭・前環境相が「海洋放出の他に選択肢はない」と発言したのを受け、面会に先立ち地元漁業関係者らに直接謝罪したことを明らかにした。面会で内堀氏は、放射性物質を含む汚染土が仮置き場から本格的に搬入される県内の中間貯蔵施設について「受け入れは県民にとって苦渋の決断。30年以内に県外で最終処分する約束もある。大臣のリーダーシップで信頼を作り上げてほしい」と要望した。小泉氏は「その言葉を忘れず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング