岡山・新見市集中豪雨 国の支援制度受けられず不安の声

毎日新聞 / 2019年9月16日 12時3分

今月3日に集中豪雨に見舞われた岡山県新見市は、土砂崩れや用水路の氾濫などで市街を中心に約250棟が浸水被害を受けた。ボランティアなどの復旧作業が進む一方、局地的な被害のため、大規模被害を想定した国の支援制度の適用は受けられない。住民からは生活再建への不安の声が上がり始めている。【林田奈々】山に囲まれた新見市中心部は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング