飲食「公費負担」を再開 あえて長野県が打ち出す理由

毎日新聞 / 2019年9月18日 10時32分

長野県は、県職員が飲食を伴う会合や式典に出席した場合の飲食費を公費で負担する方針を示した。県民の意見や地域の実情を政策に反映するため、県民のパブリックコメント(意見公募)を呼び掛けている。10月15日まで。県によると、1990年ごろから県職員が会合に参加した場合の飲食費の公費支出を禁じてきた。自治体職員が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング