埼玉・小4男児の死因は頸部圧迫の窒息 遺体発見現場の前は空き部屋

毎日新聞 / 2019年9月19日 11時5分

さいたま市見沼区大谷の教職員住宅で市立小4年、進藤遼佑(りょうすけ)さん(9)の遺体が見つかった殺人事件で、遺棄されたスペースは、自宅の向かい側にある空き部屋のものだったことが19日、捜査関係者などへの取材で判明した。また司法解剖の結果、進藤さんの死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息で、ひものようなもので絞められた痕があった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング