「寄り添い伝えたい」津波伝承館に2000人 陸前高田に開館

毎日新聞 / 2019年9月23日 9時48分

東日本大震災津波伝承館(いわてTSUNAMIメモリアル)が22日、岩手県陸前高田市に開館し、県内外から約2000人が訪れた。津波で全壊した「道の駅高田松原」も同館に隣接して再建され、本格オープンした。同館と道の駅は、国が被災3県に一つずつ整備する復興祈念公園内にあり、震災伝承や観光の中核を担う。公園には奇跡の一本松や気仙中学校などの震災遺構も含まれる。午後1時半の伝承館開館を前に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング