「名古屋走り」不起訴から一転起訴 

毎日新聞 / 2019年10月23日 20時26分

ウインカーを出さずに進路変更する、いわゆる「名古屋走り」と呼ばれる危険な走行が原因の事故が、不起訴から一転、起訴された。2017年11月に名古屋市で発生した交通事故を巡り、名古屋地検は23日までに、事故を招いたとして同市東区の男性会社役員(52)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)罪で起訴した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング