運転代行会社社員を無免許と誤認、書類送検 和歌山県警謝罪

毎日新聞 / 2019年11月8日 20時27分

和歌山県警は8日、道路交通法違反(無免許運転)の解釈を間違え、運転代行会社の元従業員の男性(40)=和歌山県内在住=を誤って書類送検したと発表した。男性は既に不起訴処分になっていたが、県警は男性に謝罪した上で、免許証を返却した。県警交通指導課などによると、男性は今年4月、3トンダンプカーの運転を代行。県警は7月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング