関西空港 またドローン飛行で閉鎖 約1時間10分後に再開

毎日新聞 / 2019年11月9日 10時17分

9日午前8時ごろ、関西国際空港の滑走路周辺で、ドローン(小型無人飛行機)のようなものが飛んでいるのを地上作業員が目撃した。国土交通省大阪航空局は同15分ごろから滑走路を2本とも閉鎖。安全確認をし、約1時間10分後に旅客機の離着陸を再開した。同空港では7日夜にも目撃情報が寄せられ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング