マダニ感染症が過去最多に 初の100人超えか ペットからの感染に注意

毎日新聞 / 2019年11月19日 17時40分

マダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の今年の患者数が、統計を取り始めた2013年以降、初めて100人を超える勢いで増えている。国立感染症研究所が19日発表した患者数は、過去最多だった17年の90人を超える96人。致死率が高く、ペットから感染する危険もあるため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング