鹿児島・鶴田ダム湖、真緑に 外来種水草が大量発生

毎日新聞 / 2019年11月22日 11時25分

鹿児島県さつま町と伊佐市にまたがる鶴田ダム湖で、繁殖力の強い外来種の水草、ボタンウキクサとホテイアオイが大量発生し、上流の観光名所「曽木の滝」近くまで長さ約8キロにわたって湖面を真緑に覆っている。ボタンウキクサは、外来生物法の特定外来生物。ホテイアオイも要注意外来生物に指定され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング