「民法の単独親権制度は違憲」子どもと別居中の父母12人が国家賠償求め提訴

毎日新聞 / 2019年11月22日 20時23分

離婚後に父母の一方にのみ親権を認める民法の単独親権制度は、法の下の平等を定めた憲法に反するなどとして、8都道府県に住む12人が22日、計1200万円の国家賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。単独親権の違憲性を巡る集団訴訟は初とみられる。訴えたのは、子どもと別居中の40~60代の父母。訴状によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング