東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

毎日新聞 / 2019年12月6日 11時7分

神奈川県大井町の東名高速で2017年、あおり運転で停止させられた車がトラックに追突され夫婦が死亡した事故で自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた石橋和歩被告(27)の控訴審判決で、東京高裁(朝山芳史裁判長)は6日、危険運転致死傷の成立を認めて懲役18年とした1審・横浜地裁判決(18年12月)を破棄し、審理を地裁に差し戻した。事故は17年6月5日夜に起きた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング