「1円」支払いで和解 賃金支払い求める訴訟、外国人フルート奏者と楽団側

毎日新聞 / 2019年12月7日 9時6分

群馬交響楽団(群響)のフルート奏者、パベル・フォルティンさん(62)が6日、高崎市内で記者会見し、家族手当の不支給分の支払いを群響に求める民事訴訟を前橋地裁高崎支部に提起し、「1円」の支払いを受けることで和解したことを明らかにした。和解は10月30日付。法曹関係者によると、1円の損害賠償を請求する訴訟は時折あるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング