ウニ大量発生でナマコ漁に迷惑 食用にならない種類 長崎・大村湾

毎日新聞 / 2019年12月7日 12時34分

ナマコ漁が解禁された長崎県大村市の大村湾で、ウニが大量に発生し漁業者を悩ませている。底引き網で引き上げると、網にかかったウニのトゲがナマコを傷つける恐れがあるためだ。発生の原因は分かっておらず、漁業者は駆除に追われている。2日朝、漁船が約1時間のナマコ漁を終えて大村市の新城漁港に戻ってくると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング