玉沢元農相銃撃 82歳容疑者「金の返却断られ腹が立った」と供述

毎日新聞 / 2019年12月11日 21時9分

農相や防衛庁長官を務め、政界を引退した玉沢徳一郎(たまざわとくいちろう)氏(81)が盛岡市の自宅で10日に銃撃された事件で、岩手県警が銃刀法違反(加重所持)容疑で現行犯逮捕した同県奥州市水沢羽田町の農業、高橋脩(ひさし)容疑者(82)が「選挙のために貸した金の返却を求めたが断られ、腹が立って撃った」と供述していることが、捜査関係者への取材で判明した。県警は玉沢氏に対する殺人未遂容疑でも捜査を始めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング