水戸産梅ブランドマーク盗用か 金銭トラブル藤原氏担当 一時使用中止に 

毎日新聞 / 2019年12月12日 11時14分

水戸市は11日、金銭トラブルで県のいばらき大使を解嘱されたフードアナリストの藤原浩氏が担当したマークのデザインに盗用の疑いが浮上したとして、使用を一時中止すると発表した。マークは、水戸産梅ブランド「ふくゆい」をPRするシンボル。商品のパッケージなどに広く使われている。【川崎健】ふくゆいは2016年度に誕生したブランド名で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング