ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

毎日新聞 / 2019年12月14日 17時18分

インターネットバンキングの口座に不正アクセスされ、知らない間に預金が詐欺グループに送金される被害が急増している。一時は沈静化していたが、夏ごろから増え始め、9月には400件を超えた。金融機関を装ったメールをスマートフォンに送信して暗証番号などを盗み取る「フィッシング」を組み合わせた新しい手口が目立つ。従来の防止策が破られている可能性があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング