僧侶が約2000体「魂抜き」 博多の寺院で人形供養

毎日新聞 / 2019年12月14日 22時53分

年末恒例の人形供養が14日、福岡市博多区博多駅前1の祥勝院(しょうしょういん)であり、約200人が持ち寄った人形など約2000体が供養された。同院は現在の博多人形と同じ製法で作られた江戸時代の地蔵尊像が発見された場所で、博多人形商工業協同組合の主催で1979年から毎年開き41回目。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング