明浄学院横領、容疑の1部上場不動産会社社長を逮捕 大阪地検特捜部

毎日新聞 / 2019年12月16日 20時36分

学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)で土地売却の手付金21億円が横領された事件に関与した疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は16日、東証1部上場の不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市中央区)の社長、山岸忍容疑者(56)を業務上横領の疑いで逮捕した。特捜部は今月5日、運営する明浄学院高校(大阪市阿倍野区)の土地を売却する手付金21億円を2017年7月に着服したとして、元理事長の大橋美枝子容疑者(61)やプレサンス社部長、小林佳樹容疑者(54)ら5人を逮捕。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング