写真

相模原事件の公判が開かれている横浜地裁=横浜市中区で、銭場裕司撮影

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年、利用者ら45人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた元同園職員の植松聖(さとし)被告(29)に対する横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判は15日、証拠調べがあった。母親が「生きていた証しを残したい」として名前を公表した犠牲者の美帆さん(当時19歳)について、遺族の代理人弁護士の上申書に基づき、公判で「甲A」ではなく名前で呼ぶことが決まった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング