写真

大阪地裁、大阪高裁、大阪簡裁が入る合同庁舎=大阪市北区で、曽根田和久撮影

大阪府箕面市で2017年、当時4歳の長男を暴行して死亡させたとして傷害致死などの罪に問われた、母親の筒井麻衣被告(28)に対する裁判員裁判の初公判が15日、大阪地裁(大寄淳裁判長)であった。筒井被告は「結果に責任を感じているが、(死亡は)私の暴行で生じたものではない」と起訴内容を否認した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング