「顔を出して闘う 差別ない社会を」北三郎さん、16日に初の本人尋問 強制不妊手術訴訟 

毎日新聞 / 2020年1月15日 21時54分

全国の障害者らに不妊手術を強いた旧優生保護法(1948~96年)を巡る国家賠償請求訴訟で、東京地裁に提訴した北三郎の名で被害を訴える男性(76)=東京都=が16日、初の本人尋問に臨む。1年半前の提訴時は顔と実名を伏せたが、裁判の途中から顔を出して闘う決意をした。「国の責任をはっきりさせることが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング