福岡県高体連元理事長が飲酒事故 不申告の疑いも 地検が在宅起訴

毎日新聞 / 2020年1月17日 12時58分

2019年9月、福岡県高校体育連盟(県高体連)の当時の理事長が乗用車を飲酒運転し、ガードレールに衝突する物損事故を起こしていたことが17日、明らかになった。福岡地検は19年12月、道交法違反(酒気帯び運転、事故不申告)で福岡地裁に在宅起訴した。在宅起訴されたのは、同県篠栗町の菰田(こもだ)剛被告(51)。起訴状によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング