本島元長崎市長の銃撃から30年「政治に厳しい視線を」市民ら集会

毎日新聞 / 2020年1月19日 10時33分

1990年1月18日に当時の長崎市長、本島等さん(故人)が銃撃されてから30年となる18日、長崎市役所前で「銃撃事件を忘れない集い」が開かれた。約30人が参加し、言論の自由を守る決意を新たにした。本島さんは88年12月、市議会で昭和天皇の戦争責任について言及。約1年後の90年1月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング