浮いた畳に女性乗せ…西日本豪雨で住民11人を表彰

毎日新聞 / 2020年1月19日 12時43分

2018年7月の西日本豪雨の際、浸水した家などに取り残された高齢者10人以上を救助したとして、愛媛県大洲市は同市八多喜(はたき)地区の住民11人に感謝状を贈った。胸までつかる水の中、11人は浮いていた畳を使うなどの機転でお年寄りを救った。【遠藤龍】住民らによると、同年7月7日の肱川の氾濫で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング