河井案里氏秘書、公選法「違法性認識」と説明 地検、指示系統解明へ

毎日新聞 / 2020年1月19日 20時52分

自民党の河井克行前法相=衆院広島3区=の妻で同党の案里参院議員=広島選挙区=が初当選した2019年参院選を巡る公職選挙法違反事件で、案里氏の男性公設秘書が広島地検の任意の聴取に、車上運動員への法定限度を超える報酬の支払いに関与し、違法性を認識していたと説明していることが関係者への取材で判明した。地検は夫妻の事務所などの捜索で携帯電話やパソコンも押収しており、夫妻の関与を含め、指示系統の解明を進める。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング