不要マンホールの“ふた”売ります 製糸場のれんがなどあしらう 群馬・富岡

毎日新聞 / 2020年1月20日 9時39分

富岡市は、市内の道路工事などに伴い不用になった下水道のマンホールの蓋(ふた)10枚を、1枚3000円で販売する。申し込みは31日(午後5時15分)まで。申し込み多数の場合は抽選。蓋の図柄は、妙義町との合併前の旧富岡市の花フジと富岡製糸場のれんが模様をあしらったものや、一般的なデザインに旧市章を記したものなど。製造年は1987~95年。近年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング