ポルシェ無免許暴走医師に懲役10年求刑 検察側「あおり運転していた」 神戸地裁

毎日新聞 / 2020年1月22日 11時58分

兵庫県尼崎市の阪神高速で2018年11月、ドイツ製高級車「ポルシェ」を時速200キロ超で無免許運転してトラックに追突し、相手運転手を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの罪に問われた同県芦屋市の医師、久保田秀哉被告(51)に対し、検察側は22日に神戸地裁(小倉哲浩裁判長)で開かれた裁判員裁判で懲役10年を求刑した。弁護側は危険運転に当たらないとして、執行猶予付き判決を求めて結審した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング