南海トラフ地震津波確率 和歌山、高知など5メートル以上「非常に高い」 初の推計発表

毎日新聞 / 2020年1月24日 17時0分

政府の地震調査委員会は24日、南海トラフ地震による津波が今後30年以内に起こる確率を推計した結果を発表した。想定震源域に近い静岡、三重、和歌山、高知県などの29市町村で、5メートル以上の津波が26%以上の非常に高い確率で襲来すると予測。3メートル以上は、静岡から宮崎までの71市区町村に及ぶ広範囲で26%以上の確率で起こるとした。今回の想定で津波の高さが最も大きい10メートル以上は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング