「感染力が強まっている根拠ない」国立感染症研 せき、くしゃみ飛沫感染の疑い

毎日新聞 / 2020年1月28日 22時18分

国立感染症研究所(東京都新宿区)の脇田隆字所長と鈴木基・感染症疫学センター長が28日、報道陣の取材に応じ、新型肺炎について「1人の患者から感染するのは2人前後。感染力が強まっている根拠はない」との認識を示した。現在、国内で発症した患者からのコロナウイルス分離を試みており、中国当局が情報公開している流行初期のウイルスからの変異などを調べる予定という。新型コロナウイルスの感染力を巡っては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング