新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

毎日新聞 / 2020年1月29日 18時49分

大阪府の吉村洋文知事は29日の記者会見で、感染が判明した奈良県在住のバス運転手の男性と接触した人物が大阪市内の医療機関で入院していることを明らかにした。男性と濃厚な接触があった18人のうちの1人で、感染が疑われ、国立感染症研究所で検体を検査しているという。容体は不明だが、意識はあるという。大阪府は府内で感染者が確認された場合、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング