「働くことがしんどかった」不正に病気休暇取得、給与も 県職員を懲戒免職 和歌山

毎日新聞 / 2020年3月27日 10時56分

和歌山県監察査察課は26日、不正に病気休暇を取って給与も得ていたとして、県人事課の男性主査(50)を懲戒免職にした。また、部下にパワハラをしたとして、県道路局の課長級の50代男性職員を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。監察査察課によると、人事課の男性主査は2018年9月~19年12月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング