インドから輸入の国内未承認薬で健康被害 静岡県が注意呼びかけ

毎日新聞 / 2020年3月29日 13時34分

静岡県は26日、インドから輸入した国内未承認の滋養強壮剤を服用した県内在住の男性に、倦怠(けんたい)感などの健康被害が生じたと発表した。海外の医薬品はリスクが高く、予期せぬ健康被害を生む可能性があるとして、県が注意を呼びかけている。県薬事課によると、男性は2019年7月、香港の事業者が運営するインターネットの医薬品販売サイトから「ペニソール」という商品名の滋養強壮剤カプセル(60個入り)を計3箱購入し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング