感染者の電子カルテ流出 指定医療機関学生1人の症状など 「つがる西北五広域連合」

毎日新聞 / 2020年4月2日 7時57分

青森県五所川原市など2市4町で構成する「つがる西北五広域連合」は1日、運営する感染症指定医療機関で管理していた新型コロナウイルス感染者の電子カルテの一部が流出したと発表した。記者会見を開いた同連合の高杉滝夫・病院事業管理者は陳謝した上で「医療に携わる者として許されない」と話した。同連合によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング