消毒液求め長蛇の列 無料配布始める 茨城・鹿嶋

毎日新聞 / 2020年4月2日 7時51分

茨城県鹿嶋市は1日、新型コロナウイルス感染防止のため、除菌作用を持つ「次亜(じあ)塩素酸水」の無料配布を始めた。小雨の中、市民が朝から長い行列を作った。次亜塩素酸水は、ノロウイルスやインフルエンザウイルス対策に有効な液体。手指に直接スプレーしたり、布に浸してドアノブなどを拭き取ったりすれば除菌できる。市が水と塩酸を混ぜて生成できる専用機器を購入したため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング