頼まれヒグマ駆除したのに…猟銃所持許可取り消し 不服のハンター、提訴へ 

毎日新聞 / 2020年4月3日 9時22分

自治体からの要請でヒグマを駆除したら、違法性を認定され猟銃所持の許可取り消し処分を受けた――。北海道猟友会砂川支部長の池上治男さん(71)が道公安委員会の処分を不服として申し立てた行政不服審査が、2日までに棄却された。池上さんは「市民の安全を思い協力したのに理不尽だ」と憤っており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング