ひき逃げの「逃げ切り」許すな 10歳の息子奪われた母、永田町で嘆願

毎日新聞 / 2020年4月3日 10時16分

埼玉県熊谷市のひき逃げ事件で小学4年の小関孝徳さん(当時10歳)を亡くした母代里子さんが2日、東京・永田町で自民党交通安全議員連盟の総会に出席し、死亡ひき逃げの公訴時効を撤廃することなどを求めた嘆願書を提出した。参加議員からも法改正で対応を求める声が相次いだ。ひき逃げ行為は現在、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング