横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

毎日新聞 / 2020年4月5日 0時18分

感染症指定医療機関の横浜市立市民病院(同市保土ケ谷区)で、研修医の新型コロナウイルスへの感染が相次いで確認された。研修医約20人は3月27日夜、市内の飲食店で同期会を開催。この場に参加した2人が感染した。くしくも前日の26日に、神奈川県の黒岩祐治知事が医療従事者を「コロナファイター」と命名したタイミング。感染者が増え続ける中での「コロナファイターの卵」たちの軽率な行動に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング