緊急事態宣言で存続の危機 東京のミニシアターで今、起きていること

毎日新聞 / 2020年4月7日 15時30分

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くのミニシアター(小規模映画館)は観客が大幅に減少し、苦境に立たされている。吉祥寺と渋谷でミニシアターを経営する「アップリンク」代表、浅井隆さんは「15回上映して観客は60人。平均4人。ガラガラの貸切状態です。もう死ぬ」とツイート。大手シネコン(複合映画館)に客を奪われるなどして経営に苦しむミニシアターも多い中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング