「やっかいな病気」とうその説明し患者にわいせつ行為の疑い 医師を再逮捕 警視庁

毎日新聞 / 2020年4月8日 11時48分

治療と称して患者の10代女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁捜査1課は8日、東京都荒川区の診療所「斉藤医院」(3月31日に閉院)の内科医、守屋仁布(ひとのぶ)被告(67)=同区東尾久、準強制わいせつ罪などで起訴=を準強制わいせつ容疑で逮捕したと発表した。守屋容疑者は同様の事件で2月以降に2回逮捕・起訴されており、逮捕は3回目。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング