北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転…「第2波」への懸念強まる

毎日新聞 / 2020年5月28日 21時21分

北九州市は28日、新たに新型コロナウイルスの感染者が21人確認されたと発表した。23日連続の感染者ゼロから一転、今月23日から6日連続で計43人の感染者が判明。福岡県を含む39県で緊急事態宣言が解除されて2週間となる28日、市は43の観光施設などを再び臨時休館にした。「第2波」への懸念が強まっており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング