アスベスト工場の周辺住民3割が石綿吸い込む 27自治体 環境省調査

毎日新聞 / 2020年5月31日 20時10分

過去にアスベスト(石綿)を扱う工場などがあった地域住民の健康状態を観察するため環境省が2015年度から一部自治体で毎年行った試行調査において、19年度までの全てで、検査希望者の3割以上から石綿を吸い込んだ人にみられる所見が認められた。石綿は少量でも中皮腫を将来発症するリスクがあるとされる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング