「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

毎日新聞 / 2020年6月2日 8時15分

戦国武将、明智光秀が「本能寺の変」で織田信長を討ったのは、信長の非道を許せなかったから――。光秀ゆかりの京都府福知山市が本能寺の変(1852年6月2日)の原因について、50の説から選んでもらう総選挙をインターネット上で実施したところ、正義のために信長を討ったとする「暴君討伐説」が1位となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング