普賢岳噴火から29年 「あなたも天国で頑張ってね」 各地で遺族ら黙とう

毎日新聞 / 2020年6月3日 21時20分

死者・行方不明者43人を出した長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流から29年となった3日、被災地の同県島原市では各地で追悼行事があった。発生時刻の午後4時8分には市内にサイレンが鳴り響き、市民らが犠牲者に黙とうをささげた。1991年6月3日の大火砕流では、消防団員や報道関係者らが逃げ遅れて犠牲になった。消防団員の詰め所だった「北上木場(きたかみこば)農業研修所」跡では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング