「ドーン」「バリバリ」住宅跡形なく 迫る「72時間」懸命の捜索、大雨に阻まれ 熊本豪雨

毎日新聞 / 2020年7月6日 18時59分

熊本県南部を襲った豪雨の被災地に、行方不明者の生存率が急激に下がるとされる「72時間」が迫っている。しかし、豪雨から3日目の6日は九州全域が大雨に見舞われ、捜索活動は難航。不明者を知る人たちは再会を祈り、雨を恨んだ。地域を結ぶ道路の寸断も続き、同県球磨村では職員が集まれずに住民の安否確認も進まない。被害の全容がつかめないまま、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング