絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

毎日新聞 / 2020年7月9日 14時49分

愛媛県では50年以上目撃情報がなく県内では絶滅したと思われていた国の特別天然記念物・ニホンカモシカの姿が同県東部の高知県境付近の山中で確認され、生息の可能性が高いことが分かった。野生生物の絶滅危険度をまとめた愛媛県レッドデータブック(RDB、2014年版)では「県内絶滅(EX)」と区分しているが、県は見直しの検討を始める。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング